QuickNavi

紙運用・Excel管理での
工程進捗管理の悩みを解決

人・モノ・機械を一括で管理し、従来把握できなかった情報を数値化・データ化することで、生産性を向上します。
製造ライン上の情報を自動収集し、一つ一つの課題に対して迅速に対応できる仕組みを整備します。
現行システムへスムーズに追加でき、様々なシステムに対応できるため、大掛かりな設備投資やシステムの見直しは不要です。

課題

  • 手書き日報・集計の
    作業が煩雑

  • 作業進捗状況が
    リアルタイムに
    把握できない

  • 生産性を上げたいが、
    何から着手すればいいか
    わからない

解決法

そのようなお悩みを、様々な情報収集ツールや現行のシステムと連携して始められる「QuickNavi」で解決します。
大掛かりな設備投資やシステム見直しは必要なく、スモールスタートしたい工場にぴったりなソリューションです!

  • Point 1

    現場の見える化

    情報収集ツールから収集したデータをもとに、様々な画面でリアルタイムに実績を可視化することができます。
    これにより現場にいなくても、製造の進捗状況を把握することができ、生産性向上および作業量の削減に繋がります。

    現場の見える化
  • Point 2

    情報収集ツール

    RFID

    RFIDとは、電波を用いてタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。
    作業指示書や社員証にタグをつけ運用することにより、「かざす」「置く」といった動作で情報を読み取ることが可能になります。

    タブレット

    タブレットを利用して、作業指示一覧の中から対象の指示No.を選択し、作業進捗、製造、不良理由などを入力することができます。直感的に利用しやすい画面で、ペーパーレス化を推進いたします。

価格

スターター
パック
利用人数
10台まで
利用人数
15台まで
利用台数 5台 10台 15台
価格 3,600,000円〜 4,300,000円〜 5,000,000円〜

※タブレット利用台数にて算出
※管理PC5台のライセンスを含んでおります
※ハードウェア費用は含んでおりません